2014年08月09日

2014年8月6日の琵琶湖(南湖)釣行記


2014年8月6日の釣行記

テスター西口と新人テスターの店長こと“キリッキ-”との二人で琵琶湖、南湖へ行ってきました。

朝6時くらいにボートを出し、まずは山の下湾北側のウイードベット狙い。


プロトのフロッグ系ワームで表層を引いていると、
反応はあるもののなかなか「ドカン!!」 

とはなく、

水通しの良さげな少しパットの薄いところで着水と同時にラインが走り、
フルフッキングするもスッポ抜け・・・。

リズムが悪い・・・。



しかし、すかさず店長が同じエリアで掛けました!!

2014_08_06.magic_tail.hit.002.jpg

2014_08_06.magic_tail.hit.001.jpg
ペヨーテの『BOOST』ブランドでリリース予定のプロトワームにて。

45センチくらいのバスでした。




その後、南風がきつくなり、風裏を探しながら木ノ浜4号水路沖のウイードがパラパラある所へ移動。


ボートを流しながら、僕は自身がもうすぐ立ち上げる『シックスセンス』のプロトワームをテスト、

店長は『ホンキートンクSR』をひたすら巻きまくり、
すると、45センチくらいのを2匹ゲット!!

2014_08_06.ht_sr.hit.002.jpg

2014_08_06.ht_sr.hit.001.jpg
ペヨーテ・『ホンキートンクSR/パープルシャッド』で。




僕は25センチくらいのを数釣りしてましたが、大きいのを釣りたくて、

『BOOST』からリリースされる『マジックテール(仮称)』の6インチ・ノーシンカーを、
ひたすらゆっくりと巻いて何とか45センチぐらいのをゲットしました。

2014_08_06.magic_tail.hit.003.jpg
『BOOST/マジックテール(仮称)』で45クラス。




今回は自社ワームのテストも出来ましたが、ワーム流行りに付いていけず、

ギルワームの直リグやテキサスなどストロングな釣りも試してみるものの、
なかなか長くは続かず、すぐにライトリグを握ってしまいました(笑)。




そう思えば店長さん、この人はスピニングはボートに積まず、
ベイトタックルオンリーの男前な釣りだけでやり通してしっかりと釣るところがスゴイ!!

これからに期待ですね♪




今回、二人が着用しているメッシュキャップですが、

ペヨーテの新製品で、少しゆったりとしたサイズ、
そのうえ内部に汗を吸うパットまで付いていてかなりオススメです!

頭がランカーサイズの僕でも気持ちよく被れました。


通販にも対応しているみたいですよ。






何か掴み所のない文になってしまいましたが、
本格的に動き始めた『シックスセンス』のワームは本気で数多く釣れます!!

サイズは選べませんが・・・。




それと、今回のヒットルアーでもあるクランクの『ホンキートンク』、
まさに優等生でどこででも投げて巻いていれば釣れてしまいます。

サイズもイイ感じでオススメのクランクです。




『シックスセンス』、『ペヨーテ』の今後の展開にご期待下さい!!



posted by ニシグチ ジュン at 07:38| テスト釣行 | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

2014年7月15日の琵琶湖(南湖)釣行記



2014年7月15日の釣行記



素晴らしく晴れわたった15日、珍しくレンタルの和船にて琵琶湖の南湖に行ってきました。

同行したのは僕の昔から大好きなサーフブランドであるビラボンのお店の店長さん♪


まずはプリンス沖に入りビッグベイトで探ったのですが、何といきなり店長の『ブルシューター』に43センチくらいのバスがヒット!

2014_07_15.001.jpg

正直これは悔しかった・・・。



その後、僕がプロガイドをしてる時にお世話になったスーパーシャローのパットがある所で、プロトのフロッグ系ワームを投げていくといきなりヒットの連発!


2014_07_15.worm.001.jpg

2014_07_15.worm.002.jpg
テスト中のフロッグ系プロトワームの表層引きで連発。
今はモザイク掛けてます(笑)。


しかしまだ入っている魚が小さい・・・。

真夏で暑ければ暑いほどこの日陰にバスは入ってくるんですが、まだ少し早かったかも・・・。




このパットでかなり時間を費やしながらも、店長がパンチリグで男前な釣りでまたまた40up!!

2014_07_15.002.jpg




次はボディウォーターのウイードエリアで数釣りを狙うも、強烈なくらいウイードが濃いので断念。

それでも、良いウイードエリアを探してライトリグで狙ったけど全然ダメ・・・。



某有名漁礁を2つ回るも藻刈りされたばかりで、行くポイントが無くなって THE END・・・。




最後は、ディープホールの少し南にある小ホールと呼ばれてる所でお互いにラスト1投!!

で、それで何とかヒットはしたんですが小さいギルでした・・・。






そして翌日、楽しみにしていたギル系プラグのプロトが自宅に!

あと1日早かったら・・・。




しかし僕も10年間、琵琶湖でプロガイドとして多くの魚を釣ってましたが本気で琵琶湖は難しい・・・。

これも厄年のせいなのか?


あまり考えると怖くなるので、とにかく頑張って練習します!!




それにしてもフロッグ系ワームは凄いです!!

まだ全貌は明らかに出来ませんが今後にご期待下さい(^_^)v



posted by ニシグチ ジュン at 06:54| Comment(0) | テスト釣行 | 更新情報をチェックする

2014年6月26日・琵琶湖南湖でのテスト釣行


テスト釣行時の状況について。




6月26日 琵琶湖南湖
水質、ステイン
北東の風と北西の風


新人テスター・クマさんとの二人での釣行。


I字系ルアーのテストとプロトクランクで釣るのが目的のため、水深3メートルでウィードがまばらな場所を選びんだ。


結果をいうと、


南湖北側でもほぼピンスポットのエリアで、琵琶湖のトーナメントでは常に上位に入っているクマがプロトのクランクで40アップを4匹。


テスター・クマさん
2014_06_26.ht.001.jpg

2014_06_26.ht.002.jpg

2014_06_26.ht.003.jpg
『プロトクランク』にて。



エビさんとは15年前位からのお付き合いのワタクシ、西口はI字系ルアーのテストに徹底して、初期プロトサンプルで小さいながらも一匹とドデカいギルを数匹。


2014_06_26.i_ji.001.jpg
i字系ミノー『QB-S(仮称)』にて。



釣果的にはイマイチですが、それはテストをメインに釣りを組み立てたからです(笑)。
面目を保つ為に報告しておきます(笑)。


南湖西岸のウィードエリアでは小さいワームのライトキャロでそれなりには釣れてますが、
ストロングな釣り方は難しい状況でした。



posted by ニシグチ ジュン at 06:20| Comment(0) | テスト釣行 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。